セッセと節約生活
未曾有の不況を乗り切るべく、節約ネタ中心に日常を綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電力見える化、改め「ミルエネ」
家庭の使用電力量を計測するNTT東の電力見える化実験が1月末で終了して「フレッツ・ミルエネ」という名前に変わって本サービスを始めた。サービス使用料210円/月に加えて機器使用料210円/月で420円/月になるというので、当初やめるはずだったが、継続するとフレッツのポイントが400円分付くというので、とりあえず継続した。

サイトなどにはきちんと書いていないが、問い合わせたら、初期登録料などは不要で、解約時は料金を日割りで精算し、機器はNNTT着払いの返送キットで返送。しかも、一度付与されたフレッツ光メンバーズクラブのポイントは、継続後すぐに解約したとしても取り消されないというので、1カ月以内で解約すれば損はないということで継続した。このことを電話で問い合わせたら、そのように回答が得られ、しかもその場でそのまま継続手続きをしてくれた(わりと喜んでる感じで手続きしてくれたので、きっとノルマ1件になるのかな?)。
miruene.png


ということで、10月からこれまでの日次の消費電力量をグラフ化してみたら、寒さが厳しくなった1月中旬以降、消費量が跳ね上がったことが一目で分かる。今のところ最高は、1月23日の13.26kWh。例の、夜から雪が降って積もった日で、雨の日が続いて洗濯乾燥機を使わざるをえずに、電気使用量が跳ね上がった。次点は1月20日の12.27kWh。これも、みぞれが降った寒い日だった。(実は1月中旬の3日間は、仕事で家の無線LANの設定をいじったためにデータが記録できてなくて、前後の日の平均値にしてある。しかし傾向は間違っていないと思う)。
enegraph.png
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。