セッセと節約生活
未曾有の不況を乗り切るべく、節約ネタ中心に日常を綴っていきます。
サイフを落とした…
自転車でやや遠くへ急いで行く途中に落としてしまったようだった。

クレジットカードは止め、キャッシュカードは引出可能額を0にして、警視庁の拾得物公表システムを繰り返し見て数日待った。でも現れず。数千円とはいえ現金が入っていたし駄目か…と、落ち込んだ。

最近はカードの再発行は有料。免許も試験場まで行って3,600円かかる。時期が悪く、カード番号が変わったため国民年金の年払いも引き落とし不能になって現金払いになってしまった(現金で一括払いはできるけど、ポイント分の損)。コンビニやスーパーなどのポイントも貯められない…。追い打ちをかけるような金銭的な負担で、さらに落ち込んだ。

ところが、とあるコンビニカードは使用可能枠の関係で現状ではショッピングやキャッシングができない状態だったため最後まで止める連絡していなかったのだが、あきらめて再発行の依頼をするために電話をしたら、カードが(つまりサイフが)、とある警察署、しかも地元ではない、やや想定外の警察署に届いていると教えられた。警察から連絡が行ったようだ。

あの警視庁のシステムは、特にサイフの場合は、なりすましを防ぐために敢えてあいまいな表現にしてあるそうで、しかも、カード会社に連絡をしたため掲載されなかったようだ。どうせなら免許から電話番号を調べて直接連絡をくれればいいのに…。でも、とにかく出てきたのでうれしかった。日本って、やっぱりすごい国だなと思う。基本的に、いい人達で成り立っている。

当然謝礼をしようと思っていたら、拾得者の希望は謝礼不要らしく、受け取り時の書類は、拾得者の個人情報が見えないように工夫したクリアファイルに挟まれた状態で必要事項を記入した。まぁ数千円しか入っていなかったから、それの何割かなんて些少な謝礼なら面倒だし要らないということなのかもしれないが。

カードの再発行料などはかかったけれど仕方ない。どうせあちこち番号変更の手続きをしなくてはいけないのなら、ちょうどいい機会だしメインのクレジットカードを変えようと思った。今回のことは、きっと神様からの、そうしろというお達しなのではないかと思うことにした。

wallet.jpg
※画像はイメージですw