セッセと節約生活
未曾有の不況を乗り切るべく、節約ネタ中心に日常を綴っていきます。
ぼんやりフライトレーダー
またしばらく書くのをサボってしまった…。子供のクラブの都合などがあり、それに旅行は春に行ったこともあって、この夏は墓参りに行ったぐらいで特にどこへも出かけずにいる(そのわりには、いつものように仕事にも手がつかず困っていたりする)。

せめてもと飛行機が飛ぶ様子をFlightrader24というソフトでぼんやりと見て、しばし旅のような気分を味わっている。すべての便が表示されるわけじゃないが(というより実際に飛んでるより、かなり少なそう)、それでもまさに自分の家の上空を飛んでいく飛行機がどこへ行くのかがわかったりして面白い。空港の滑走路への着陸や離陸の様子も、結構よくわかる。ちょっと手軽に楽しめてお勧めだと思う。
http://www.flightradar24.com/

fr24.jpg
これは無料のWeb版。iPadなどで使える有料版もある。

fr24d.jpg
羽田のC滑走路から離陸するオホーツク紋別行のANA便。現地は涼しいんだろうなぁ…。

fr24b.jpg
B滑走路に着陸する松山発のANA便。B-787だな。航路が滑走路と少しずれてるのはご愛敬。

fr24c.jpg
沖合のD滑走路に着陸する青森発のJAL便。着陸後に橋を渡っていく様子などもわかる。

これを見始めてから、家の上空を飛んでいく飛行機の多さに改めて気づいた。ゴーッという音が気になり出すと、かなり気になる。夕方などはストロボライトを光らせた飛行機が3分おきぐらいに次々と列をなして通過していくこともある。微妙に高度や向きが違う便もあって、飛び去った便の光が4~5機ほど同時に見渡せることもあったりする。

ソフトには、個々の便の高度と速度も表示される。高度は、だいたいは2km(6000フィートほど)以上で飛んでいるようだが、ごくたまーに緊急措置?かなにかで1km(3000フィート)台で自宅上空を通過することもあり。音に驚いてベランダに出てみると、ずいぶん近くに見えてかなりビックリする。うちはそんなに沿岸部でもないのだが…。

むか~しロンドンに初めて行った時、こんな都会の上をわりと低空で、ずいぶんたくさん飛行機が飛んでるんだなぁと驚いた記憶があるが、なんだか東京もあの感じに近くなってきた気がする。羽田が拡張されたことも大いに関係してるんだろうなぁ。