セッセと節約生活
未曾有の不況を乗り切るべく、節約ネタ中心に日常を綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宅配食材サービスをやめる
夕方、たまに頼んでいたヨシケイのおばちゃんに暴言を吐かれて落ち込む――。仕事でバタバタしている時にピンポーンと来て、インターホン越しに「取り込んでるからいつものところに置いといてください」と言ったら、「だったら前から入れてるX'mas注文の返事してよ」っていう声が…。凍りついてしまいました。でも言わなきゃ分からないだろうから「頼むつもりはありません」と言って切ったけど、すごい後味悪い。

頼むつもりなかったから普通にスルーしてたんだけど。いちいち丁重にお断りを言わなければならないのかな…。まぁたぶんね、こういう業界は注文のノルマがきついらしいから、ノルマ未達でイラついてたんだろうけど。でも、あれはないかな。

在宅勤務って、家にいる=オフで暇にしていると誤解されやすいんだよな。ここは普通のマンションだから、自宅兼事務所だとは思ってもらえなかったんだろうけど…。2年半お世話になったヨシケイだけど、いい機会だからさようならしました。

以前は週末に凝ったスープやカレーを作るぐらいで、きちんとした料理なんてほとんどしたことがなかった自分にとって、レシピ付きで少ない食材が届くのは魅力だったし、毎日のように頼んでいた時期もあった。でも、だいぶレシピも身についてきたし、どうにかフランパンも振れるし、八百屋や魚屋で食材を見るのが以前より楽しいと感じるようになった今となっては、以前ほどの魅力はなくなっていた。

向こうにとっても、週に1~2回、最低額のメニューを注文するだけでは決して良客じゃないだろうし、まぁちょうどよかったのかも。でも後味は悪いよなぁ。今の担当のおばちゃんになる前の人は、すごく感じよかったんだけどな。残念。

yoshikei.png
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。