セッセと節約生活
未曾有の不況を乗り切るべく、節約ネタ中心に日常を綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4のビールの税金
最近、ビール関係のいろんなニュースを見ていると、「第3のビール」と「第4のビール」って言い方が混ざってるような気がして混乱したので、ちょっと調べてみた。

◆ビール(第1のビール)
  麦芽の比率が50%以上の発泡性酒類。酒税は350mL缶1本あたり77円。
◆発泡酒(第2のビール)
  麦芽の比率が50%未満の発泡性酒類。酒税は1缶46.9~62.3円。
◆第3のビール
  麦芽を使わずエンドウ豆や大豆などを原料に使った発泡性酒類。
  酒税法では「その他の発泡性酒類」。酒税は1缶28円。
◆第4のビール
  麦芽を使う発泡酒に、麦を原料に蒸留したスピリッツを混ぜた発泡性酒類。
  酒税法では「その他の発泡性酒類」。酒税は1缶28円。

たぶん合ってると思うけど、もし違ってたらごめんなさい。お酒の税法上の分類は国税庁サイトにあり。第3、第4のビールについてはPDFの酒税率一覧表(ファイルが大きいので注意!)の注釈に細かく規定してあった。 サッポロビールのサイトもきれいでわかりやすい。しっかしお酒って1/3~1/4が税金なんだなって改めて思った。似た感じで高いのがガソリンの税金。あれも結構高いんだよなぁ。

で、「第○のビール」ってのはマスコミが付けた通称らしく、ビールでも発泡酒でもない飲み物ってことで「第4のビール」も含めて「第3のビール」と呼んでしまっている場合も多いよう。…ってことで納得。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://sesse10.blog99.fc2.com/tb.php/11-24ee9c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。