セッセと節約生活
未曾有の不況を乗り切るべく、節約ネタ中心に日常を綴っていきます。
紛失Suicaを転送してもらう
まだ不調は続く…。まったく解決できていない…。でも今日の出来事を1つ。

子が落としたSuicaが見つかった。記名Suicaだったので連絡先が分かったようで、なんと東武伊勢崎線の竹の塚駅から自宅に電話があった。1カ月も前に落としたものが、なぜだか分からないが自宅や学校から遠く離れた駅に届けられたらしい。

そのSuicaは、再発行手数料500円と、新たなデポジット500円の合計1000円をかけて、とっくに再発行してあったが、先方もそのことを知っていて、ただ「取りに来れば古いカードのデポジットの500円は戻りますよ」と言われた。しかし、日頃の行動範囲とかけ離れた竹の塚駅まで取りに行ったら電車賃だけで500円を超えてしまう。しばらく返事を躊躇していたら、「取りに来られなければ放棄してもらえば、警視庁に遺失物として届けることになります」という。

そこで「東武鉄道の駅ならば転送してもらうことはできますか?」と聞いてみたら「できます」という。でも普段、東武線は使わないので、すぐに駅名が思い浮かばず。最初に浅草?と思ったが、ちょっと遠い気がして、そっちの方の大きい駅ということで北千住駅でお願いした。「今日の便は出てしまったので、明後日以降に取りにいってください」と言われた。

しかし北千住でも、そのためだけに往復するのは時間も費用もかかって大変な気がしてきた。かといって自転車で簡単に行ける距離ではない。だが、転送してもらって取りに行かないのも悪い気がする。そこで、ひらめいた。伊勢崎線と線路はつながっていないけど、東上線だって東武鉄道じゃないか、だったら社内便で池袋に再転送してもらえないだろうかと。池袋なら何かの用事のついでに行きやすい。

ということで、断られても仕方ないと思いながら先ほど東武の北千住駅に電話して、その旨を告げた。そうしたら「できるか聞いてみるので、少しお待ちください」と保留にされ。ほどなくして「できますが、便が少ないので1週間後になってしまいます。それでもよろしければ」という返答だった。一も二も無く、そうしてもらった。

すると「池袋に着いたらまた電話を入れますので、取りに行ってください」と言われた。なんて丁寧な対応なんだ。2度も転送を頼んでも、まったく嫌な素振りも見せず、しかも電話連絡までしてくれるとは。東武鉄道のファンになってしまった!

今を思えば、竹の塚の駅員も、北千住の駅員も、すごく感じのいい電話だった。なんというか、事務的でない親身な感じというか…。東武鉄道って埼玉や栃木が中心の、ちょっと垢抜けない感じがする会社だけど、だからこそなのか、すごく温かいと思った。まぁもちろん、メトロだって京成だって東急だって親切なのかもしれないけど。今回の東武の対応には、ちょっと感動したのでした。日頃、孤軍奮闘しているせいか、こういう人の優しさがとても身に染みる。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://sesse10.blog99.fc2.com/tb.php/188-0dc63c8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック