セッセと節約生活
未曾有の不況を乗り切るべく、節約ネタ中心に日常を綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペーパーバックの洋書
ふと目にしたこんな本をアマゾンで買ってみた… 一部で話題(!?)の本? 以下、Amazon.co.jpでの紹介。



--------------------------------------------
メディア掲載レビューほか
11才の日本人少女ヨウコは、家族とともに、中国との国境近い北朝鮮の町に暮らしていた。ところが第2次世界大戦が終わり、朝鮮半島在住の日本人には危険が迫っていた。朝鮮の人たちが祖国を自分たちの手に取り戻したいま、長年にわたり圧政を強いてきた日本人をこらしめ、罰するというのである。ヨウコと妹と母親は、美しい竹林のある家を捨て、朝鮮半島を脱出し、日本に帰らなければならない。
本書は、著者ヨウコ・カワシマ・ワトキンズの幼いころの経験に基づいて書かれている。戦後の混乱と危険のなかで、勇気と意思を持って、生き延びるための過酷な旅を成し遂げた、多くの日本人たちの真実を伝えている1冊である。
戦後長い年月を経て、だんだん戦争経験が語られる機会が少なくなってきた今日、こうした作品を通して、私たちはきちんと歴史の真実を学ばなければならない。(み)
Copyright© ペイパーウェイト・ブックス All rights reserved. -- 『英語ペラペラキッズ(だけにじゃもったいない)ブックス』 より

内容紹介
In the final days of World War II, Koreans were determined to take back control of their country from the Japanese and end the suffering caused by the Japanese occupation. As an eleven-year-old girl living with her Japanese family in northern Korea, Yoko is suddenly fleeing for her life with her mother and older sister, Ko, trying to escape to Japan, a country Yoko hardly knows.

Their journey is terrifying—and remarkable. It's a true story of courage and survival that highlights the plight of individual people in wartime. In the midst of suffering, acts of kindness, as exemplified by a family of Koreans who risk their own lives to help Yoko's brother, are inspiring reminders of the strength and resilience of the human spirit.
--------------------------------------------
元々は20年以上前に出た本のようだが、買ったのは2008年刊のもの。米国のAmazonでは100以上のレビューがあり、評価が両極端に分かれていた。

http://www.amazon.com/Bamboo-Grove-Yoko-Kawashima-Watkins/dp/0688131158/ref=cm_cr_pr_product_top

ちょっとイラッとしている最近の日本人の心情に合うようで、来月に邦訳が出る模様。




コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://sesse10.blog99.fc2.com/tb.php/200-97394662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。