セッセと節約生活
未曾有の不況を乗り切るべく、節約ネタ中心に日常を綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロネコメール便なくなるのか…
残念だな…。

クロネコメール便の最大の利点は、厚さを1cmに抑えればA4サイズの書類を82円という低価格で送れて、しかも発送と到着がウェブで確認できる点だと思っていたので。荷物を相手が確かに発送したことや、相手に確かに届いたことや、それからこちらが発送した証拠にもなるから、特にオークションでは万一の運送トラブルやオークション詐欺にも対応しやすいと思うのだ。

実際、過去にオークションで落札してくれた人に発送したメール便をヤマト運輸に紛失されたことがあって。そのときは、こちらから確かに発送した記録が残っていたからヤマト運輸はきちんと調査してくれて、相手に謝罪にも行ってくれて、微々たるものだけど送料分は相手に返還されたらしいので。

何の記録も残らない普通郵便では、そうは行かない。どちらも運送補償がなくて万一不達のトラブルがあったらどうしようもないことは同じだが、それでもやはり安心感が違う。実際には何も発送しないで発送したと言い張られたり、ちゃんと到着して受け取っているのに着いていないと嘘をついて返金を迫るなんてことがしづらいはずなのだ。

今後は、そういう追跡を安価にやろうとしたら・・・日本郵便のレターパック360になるのかな? 4倍以上の料金だよ!? 厚さ3cmまでOKというメリットはあるけど、薄いものだからとにかく安くというケースには向かない。

あっ、普通の郵便に特定記録を付けるって手もあるな。でも最低でも定形の小さいサイズで82円+160円=242円だし、定形外だと50gまでという厳しい制限があって120+160円=280円だし、ミニレターもあるけど25gじゃまともな同封はできないし。だいいち郵便局の開いてる時間に持ち込まなきゃならない。本局(支社って言うの?)の近くに住んでればまだしも…。アマゾンなどの業者からの発送には追跡できるゆうメールもあるらしいが、それにしてもゆうメールは180円から。クロネコメール便の82円にはかなわない。コンビニでいつでも出せるしね。

本当に残念。

mailbin.png


しかし、なぜか今週、メール便が普通便でも、規定では翌々日着なところが翌日に着いた例があってビックリ! サービスがあと少しだからってことの心意気なのかな!?

あと、「領収書はメール便で送れない」ってシンプルに覚えていたけれど。仕事の経費を立て替えた領収書を支払い担当者に送る場合は、自分が金銭受け取りの意思を示した文書ではないから信書に当たらず、メール便で送っていいのだということを、この場に及んで知ってしまった今日この頃。

本当に信書ってのは分かりにくい…。これはどう見てもヤマト運輸の主張が正しいでしょ、総務省さん!
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://sesse10.blog99.fc2.com/tb.php/224-e7bd7c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。